月別: 2016年8月

Recent Posts

男性保育士を採用するメリットは

「なぜ辞めたいと思ったのですか?現場では大人気の男性保育士さんなのに…」

ひと昔前では女性の仕事という視点で、「保母さん」として定着していた保育士ですが、少しずつ保育士として活躍する男性が増えてきました。

保育という仕事に興味を持つ男性が、保育士を目指して学び、そして実際に保育現場で活躍されている姿を見ていると、とてもうれしく素晴らしいことだと感じます。

元々、保育士は「女性の職場」だったこともあり、女性しかいない環境特有の空気感やトラブルなどが少なからずあるものです。そのなかでも、仕事の場面で私情をはさんだり、公私を分けることができなかったりする保育士たちが多くいたような時代もあったのです。

男性保育士の採用
男性保育士の採用

メリットが多い男性保育士

そのため、「女性の職場」だった保育現場に、男性の保育士さんがひとりでも参加してくれるようになると、女性しかいない環境特有の空気感も自然と穏やかになり、保育園全体が好印象となっていきます。

なにより、子どもたちからすると、男性保育士はいつでも大人気なのです。

女性保育士にはやりたくてもなかなかできないような遊び、たとえば子どもたちを両腕にぶら下げて遊ぶようなことをしてくれます。また、家庭のなかで日々多忙なお父さんに思うように会えない子どもたちにとっては、安全が守られている保育現場で大人の男性と接する機会があることは、とても貴重な時間になるのです。

現実は採用が進まない

一方で、少しずつ男性保育士さんを保育現場で見かけるようになったとはいえ、それでも女性保育士の数と比べると、圧倒的に少ないというのが現実です。こうした保育士転職の支援サービスを見ても「男性」と限定した求人はかなりの少数派です。

就職できた保育園には、男性の保育士が自分だけだったという経験をもつ男性保育士は珍しくありません。

基本的に多くの女性が活躍している職場ですから、業務上のちょっとした疑問や相談は、すべて女性の保育士を相手にしていくことになるでしょう。そのため、もともと男性保育士がいる職場でないと就職したくない、と思う男性保育士が多いのです。

また、すでに男性保育士の勤務実績がある保育園のほうが、保護者からのクレーム対応や更衣室・お手洗いなどの施設の整備など、十分に用意がなされている場合が多いのです。採用したはいいけれど、足りないところやはじめてのトラブルでバタバタしているという保育園もあります。

1人目を採用したい、と思っている保育園にとっては、この点が採用が進まない理由です。

男性保育士を採用するときは

保育業界に関わらず、どのような職業であっても男女間には意識の差があるものです。たとえば、夫婦ひとつとって考えても、「父性」と「母性」はまったく別のものとしてとらえられ、交わることは難しいものでもあります。つまり、同じ保育現場にいながら、男性と女性では感覚が異なることが少なからずあるのです。どれだけ経験豊かな先輩の女性保育士に、現場での疑問や相談を持ち掛けても、ピンときていない表情を見せることがあるのは、男女間の意識の差によるものでしょう。

男性保育士が人間関係に悩まないためには

女性の性格的な部分で、「欝々とした空気感」や、「噂や悪口が好き」なところが苦手だという男性は多いことでしょう。

もちろん、女性にもそれが好きだという人はめったにいないと思いますが、このような人に囲まれて長年過ごしてきた女性は、「精神的に鍛錬」されている人が多いですよね。

しかし男性では、なかでも男性特有のサバサバした人間関係で過ごす機会の多かった方にとっては、保育園や幼稚園など、いわゆる「女性の職場」で働き続けることは、まさに苦行のように感じるかもしれません。

男性保育士
男性保育士の悩み対策

「女性の職場」で男性保育士がうまく立ち回るコツとは?

できるだけ避けたい「愚痴や悪口」や「相談ごと」

付き合いが悪いと思われてしまうのでは…、と感じるかもしれませんが、逆に女性同士に多くある「愚痴や悪口」、「相談ごと」に親身になってしまい、深くかかわるからこそ精神的にツラくなるということを理解しましょう。もちろん、職場では同僚ですから、仕事に関する話は真剣にすることが前提です。しかし、仕事以外の雑談をしているときでも、「愚痴や悪口」、「相談ごと」が始まったら「自分はそういう話は聞きませんよ!」という空気感を出しながら、その場から離れるようにすることで精神的に追い詰められず、うまく立ち回ることができます。

「力仕事」や「高所の作業」は男性保育士に任せろ!

多くの女性保育士が苦手としていることに、力のいる作業や高いところでの作業があります。保育現場でよくあるケースとしては、大型の積み木を遊戯室から保育室に運ぶことがあります。男性であれば5~6個をまとめて持ち上げて、スムーズに作業することができますが、女性の力ではがんばっても3~4個も持つことができるでしょうか…。

このように力のいる作業や高いところでの作業が、「男性の○○さんが保育現場にいるだけで、とっても頼りになるわ!」と信頼を勝ち取るチャンスになるのです!思わぬところにチャンスが転がってきますから、それを逃さずに積極的に「任せてください!」といえる人材になることが重要です。

返事はいつでも元気よく!

女性保育士から信頼を勝ち取るチャンスがたくさんあるからといって、それをすべてこなしていたら自分が本来やらなければならない仕事を終えることができません。そのためには、女性の方が得意な仕事であれば女性保育士に任せること、手が開けられないときには上手に断る方法もちゃんと身につけておきましょう。

まとめ

とはいえ、ご紹介したことを意識しながらがんばっているのに、どうしても職場の女性保育士とうまくいかないということも珍しくありません。現在勤めている保育園での人間関係で悩み、続けていけないと思っている方は、別の保育園を探すことから始めるのもいいのではないでしょうか。

全国保育士養成協議会とは(その2)

前回、全国保育士養成協議会という組織についてご紹介しました。

実はこの全国保育士養成協議会のサイト、これから保育士になりたい人にとって有益な情報がたくさんのっているんです。

今日は、保育士をめざす学生さんたちが見るべき全国保育士養成協議会サイトのポイントをご紹介します。

全国保育士養成協議会
全国保育士養成協議会

保育士試験を受ける方は、しっかり確認をしよう

全国保育士養成協議会では、保育士試験の試験機関として、都道府県からの指定を受けて試験実施に伴う事務業務を行います。

全国保育士養成協議会のホームページでは、保育士試験についての情報が掲載されていますので、受験予定の方は日程などを確認しておくことをオススメします。

受験の手引き

保育士試験を受験するための「手引き」の請求方法が載っています。

試験会場

各年度で、前期・後期ごとに会場の情報が時期に合わせて公開されます。

過去の試験問題

受験対策として、ぜひチェックしたい過去問も掲載されています。筆記試験の問題と正答だけでなく、実技試験の概要もありますので目を通しておきましょう。

特例制度について

幼稚園教諭免許状を有する人が、保育士資格を取得するときに特例制度が利用できます。詳しい説明と、制度を利用するために必要な実務証明書の印刷も行えます。

また免除科目についても確認することが出来ます。

 

現役保育士が目を通すべきところは

全国保育士養成協議会のサイトは、現役保育士でも役立つ情報がのっています。全国保育士養成協議会の公式ホームページには、保育に関する研究のまとめが掲載されているんです。内容は養成校向きですが、保育士に求められている現状も見て取れますから、一度目を通してみると勉強になります。

ほかにも保育所保育指針の改定に関するとりまとめ(厚生労働省のホームページへ移動)など、現役保育士が知っておきたい情報も多く公開されています。

様々情報に触れることで、今現在求められている保育士へのニーズを見聞きすることが出来ます。保育の現場だけでは見られない、幅広い知識を持つことは現役であっても、保育士を志す人であっても必要となります。

その一つに、全国保育士養成協議会を入れておくと、また違った目線で見ることが出来ます。いつもと違う目線で保育士の立場を見ることで、客観的に保育士に求められていることを理解する良い機会になるのではないでしょうか。

 

全国保育士養成協議会とは(その1)

保育士養成協議会というのをご存知でしょうか。

これからの保育業界は、共働き世帯増加による待機児童問題だけでなく、少子化問題や核家族化世帯などによる保育ニーズが一層高まることが考えられます。

保育士に対する求人などの需要は今まで以上に増えると言われています。

しかし需要があっても、保育士そのものに保護者や保育園が求めるだけのスキルが伴っていなければなりません。

「専門職」として「プロの保育士」を育てることが、保育士養成学校には求められています。そんな保育士を養成するための学校が会員となるのが、全国保育士養成協議会です。

どんなところなのでしょうか。

全国保育士養成協議会
全国保育士養成協議会

 全国保育士養成協議会とはこんなところ

全国にある指定保育士養成施設が協議会に加入することが出来ます。

一般社団法人として運営しています。

歴史は長く、1956年に全国保母養成施設連絡協議会予備的設立としてスタート。

1965年に全国保母養成協議会に名称変更。現在の名称は1999年に変更しています。

 指定保育士養成施設とは

厚生労働大臣が指定する、保育士を養成するための学校及び施設のことです。

夜間や通信制の指定保育士養成施設もありますので、ライフスタイルなどに応じて選択することが可能です。

学校及び施設に入学し、指定された科目や実習を終了して卒業すると保育士国家試験を免除されます。履修をすれば、誰でも必ず取得できる資格です。だからこそ、学校には人材を育成することが求められています。

会員となっている学校及び施設の一覧は公式ホームページで確認することが出来ます。

 活動内容とは

主な活動は、保育士養成に関する事業の展開です。

内容としては、保育士養成校向けの保育士養成セミナー・研究大会の開催や現代保育に関する研究など、児童福祉の進展のために事業を進めています。また社会が必要とする質の高い保育士養成のための土台やカリキュラム作りに参考となる研究も行っています。

 現代保育研究所とは

全国保育士養成協議会の中にある機関で、保育士養成と教育内容の調査・研究のために設置されています。

目的は児童福祉サービスの向上だけでなく、保育に関する研究も多く行われています。

運営内容は第三者評価によって客観的な立場から厳しく評価されています。

調査内容や、資料、子ども子育て支援推進調査研究事業などの研究結果などは公式サイトで公開されています。協議会の会員でなくても見ることが出来ますので、気になる方は読んでみて下さい。

 

 

保育士が自宅で開業できる「チャイルドマインダー」とは

前回は、保育士が自宅で開業できる手段として「保育ママ」をご紹介しました。

でもこの保育ママの制度、行っていない自治体もあるのですべての保育士さんができる、というわけではありません。

今日は、もうひとつの手段として「チャイルドマインダー」をご紹介いたします。

保育士が自宅で開業できるチャイルドマインダー
保育士が自宅で開業できるチャイルドマインダー

チャイルドマインダーとして自宅で開業

チャイルドマインダーの資格を取得して、自宅を「保育ルーム」や「保育所」として開業するという仕事もあります。

保育ママ(家庭福祉員)が地方自治体の認可が必要なのに対し、チャイルドマインダーは認定された民間団体の認可が必要になります。

子どもの安全面や健康面に配慮して自宅をリフォームし、民間団体から環境が整っているかの審査を受けて開業できることになります。

チャイルドマインダー1人に対して、0歳児では2人、1歳児では3人、2~4歳児では4人までと決められています。

広いスペースを用意できれば、何人かのチャイルドマインダーで協同して開業することもできますね。

 チャイルドマインダーの資格

資格は、民間のチャイルドマインダー養成講座を受講して終了した後、検定試験を受け合格して取得できます。受講講座の料金や資格試験の難易度などはそれほど高くなく、短期間で取得できるようです。

養成講座には、資格取得から自宅で保育所を開業するためのノウハウまでを導いてくれるところもありますから、比較検討してみることをお奨めします。

自宅開業となれば、保育室の環境、必要な保育用品、保険の契約など、しっかりとサポートをしてもらえる民間団体やネットワークが必須になりますからね。

 チャイルドマインダーの収入など

「保育ママ」は、地方自治体からの補助がありますが、チャイルドマインダーとして開業した場合は、あずかる子どもの保育料で運営していくことになります。

集客などの努力も必要になってくるでしょう。

反面、子どもをあずかる料金や時間帯などは、自分の裁量で決めることができるので、自分の生活スタイルに見合った働き方ができるかと思います。

また、自分の保育所として、自分の理想に近い保育をしていける利点もありますね。

 まとめ

「保育ママ」と「チャイルドマインダー」の仕事、いかがでしたか。

自宅で保育者として「保育所」を開業することは、それほど難しくないと感じられたかと思います。

しかし、子どもの命をあずかり、健康管理と安全面に配慮しながら、保育や教育をしていく責任は、保育園と同じかそれ以上のものがあります。

責任が重い分だけ、自分の理想の保育を形づくりながら、子どもの発達や成長を細やかに見ていくことができますから、その喜びとやりがいはより大きなものになることでしょう。