男性保育士の転職候補の施設を挙げてみる


メモ代わりに、保育士の常識や役にたった情報をまとめます。

さて、男性女性かかわらず、残念ながら保育士の報酬は、他の業界と比較してずっと低空飛行を続けているのが現状です。

「子どもが好き!」で保育の仕事を志した男性であっても、「このままでは将来的に結婚したり、子育てしたりできないだろうなぁ…」と、自らのライフプランに対して不安を抱えてしまうこともあるのではないでしょうか。

男性保育士さんの多くが、このような状況を抱えていることから、保育士を辞めたいと思う異様になるのではないでしょうか。

男性保育士の転職先
男性保育士の転職先

男性も保育士を続けられる職場は

もし、職場のなかに自分以外の男性保育士が在籍し、日頃から情報交換をしたり、悩みや相談ができるような関係を築けたりしていけたら…、さらには収入面で今よりもほんの少しでも高待遇だったら…、そのように考えているのであれば、保育業界から離れてしまう前にぜひ保育士の求人を見てはいかがでしょうか。

子どもに対する期待や保護者の価値観の多様化から、最近ではさまざまな特色を持った保育園が多くみられるようになりました。そのなかでは、男性保育士さんたちがたくさん活躍している現場もあるのです。

なかでも、最近とくに増えてきたのが、民営の学童保育施設です。若干、変則的な勤務体系になることがありますが、契約していただいたお子さんをマイクロバスなどで学校に迎えに行って預かり、公園などで一緒に遊んだり、宿題などを一緒に勉強したりするのがその職務の内容です。簡単に紹介しましたが、職務内容を見てみると、男性の手が必要な職場の代表格ともいえるのではないでしょうか。

地域選びも重要

地域によって保育士の収入面に多少の差があるとは思います。これから先、保育士の待遇改善施策が始まると、自治体によって待遇改善の度合いが違ってくるということも考えられます。転居をすることができる人は、日常的に全国の保育にかんする情報を収集しておくことで、収入アップが見込めると思います。

経営している組織について考えると、行政から一定のガイドラインを設けられている私立の保育園よりは、企業が経営母体となっている民営の職場に勤める方が、実は昇給のチャンスに恵まれていることがあります。女性の場合ですと企業のほうが魅力的な福利厚生があるケースが多いのですが、「一般的に良いと言われている場合でも、男性の自分はどうなのか?」ということを保育士の転職求人情報サービスを探しながら見定めることが必要になってきます。

まとめ

せっかく保育士という国家資格を取って、「子どもが好き!」という想いを職業にしたのですから、これからも自分が輝ける職場を見つけて、たくさん活躍してください!

保育士は待遇面に不満を感じたり、割に合わないと思ったりすることで悩みの尽きない職業です。実際に、女性の私も同じような不満や不安を感じていました。これらをガマンし続けることは、心身に悪影響があることでしょう。何が何でも辞めてやる!と決心している方は、ぜひ今の職場の不満がなくなる手段を考えてみてくださいね。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *