保育士の研修会に行ってきた【後編】


今日は、前回に引き続き、保育士の研修会についてご紹介しようと思います。

保育の知識だけでなく、実際につかえるスキルが身につくのが研修会のメリット。「知ってるけどやったことない」を克服できます。

いきなり保育園で試すのではなくて練習ができるから安心ですね。

保育士の研修会
保育士の研修会

保育士の実技の研修はこんな感じ

開催地は各都道府県の持ち回りになっていて、毎年どこかで開催されています。

主催は日本保育協会が行ってて、3日間に及ぶ研修が多いです。
この場合は、分科会に分かれて研修やフィールドワークをします。

サマースクールも勉強になる

そしてもう一つは保育教材の業者さんが主催するものです。
「サマースクール」などの名称で聞いたことはありませんか?

保育雑誌の最後のページに開催が迫ると載せられますね。
この研修会の実施は毎年、運動会前の夏に行われることが多く、こちらも3日間程度の研修会になります。

リズム研修であったり、運動遊びの研修会であったり・・・と保育業界で有名な人が講習をしてくれます。
例えば、セトちゃんという愛称で愛されている、「おかあさんと一緒」の体操のお兄さん、瀬戸口清文さんであったりします。

こういった人が各会場を巡って、運動遊びを提供してくれたり、読み聞かせの技術を伝えてくれたりするのです。
研修に参加した保育士さんはリフレッシュできると、とても好評なものです。

研修会に参加するにはどうしたらいいの?

まず、こういった研修会に参加するには園長の判断というものが一番大きく関わってきます。
「こんな研修ありますけど、参加しますか?」という手紙が回ってきてそれに参加する人の名前と、参加する意思を書き込むのは園長先生の判断になるからです。

研修会の実施日はどの研修についても平日に行われることが多く、半日から1日以上かかる研修会がほとんどです。

そのため、保育園の勤務に支障が出ると感じれば、園長先生が参加しないという判断をする保育園もあります。
また自分の保育園の傾向を見て必要ない、と思えば参加しない研修もあるでしょう。

実際に研修会に行くように言われると、大抵の場合は出張扱いになることが多いのです。
そうなると、出張報告書を書くことになり、これは監査でも隅々まで読まれることも多いのです。

また研修会に参加するということは、出張扱いになり、出張費を貰えることもあります。
参加すると大変ではありますが、あなたのスキルアップにはとても役立つ研修会です。

ほとんど参加しない保育園もあります

全ての研修会は園長先生の判断によるものが多いのです。
そのため、保育園によってはほとんどの研修会に参加しないということもあります。

そうなると、スキルアップを望むことがほとんどできません。
こういった時、どうすればいいのでしょうか?

それはあなたが個人的に研修会に参加するしかないのです。
こういった時に役に立つのは、転職サイトで行われる研修です。

求人で求められている傾向に則した研修会を開いていることが多いのできっとあなたの役に立つことでしょう。
転職サイトに登録して、求人を見ながら研修に参加してみるのも、保育の「今」を感じることができますよ。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *