保育士が自宅で開業できる「チャイルドマインダー」とは


前回は、保育士が自宅で開業できる手段として「保育ママ」をご紹介しました。

でもこの保育ママの制度、行っていない自治体もあるのですべての保育士さんができる、というわけではありません。

今日は、もうひとつの手段として「チャイルドマインダー」をご紹介いたします。

保育士が自宅で開業できるチャイルドマインダー
保育士が自宅で開業できるチャイルドマインダー

チャイルドマインダーとして自宅で開業

チャイルドマインダーの資格を取得して、自宅を「保育ルーム」や「保育所」として開業するという仕事もあります。

保育ママ(家庭福祉員)が地方自治体の認可が必要なのに対し、チャイルドマインダーは認定された民間団体の認可が必要になります。

子どもの安全面や健康面に配慮して自宅をリフォームし、民間団体から環境が整っているかの審査を受けて開業できることになります。

チャイルドマインダー1人に対して、0歳児では2人、1歳児では3人、2~4歳児では4人までと決められています。

広いスペースを用意できれば、何人かのチャイルドマインダーで協同して開業することもできますね。

 チャイルドマインダーの資格

資格は、民間のチャイルドマインダー養成講座を受講して終了した後、検定試験を受け合格して取得できます。受講講座の料金や資格試験の難易度などはそれほど高くなく、短期間で取得できるようです。

養成講座には、資格取得から自宅で保育所を開業するためのノウハウまでを導いてくれるところもありますから、比較検討してみることをお奨めします。

自宅開業となれば、保育室の環境、必要な保育用品、保険の契約など、しっかりとサポートをしてもらえる民間団体やネットワークが必須になりますからね。

 チャイルドマインダーの収入など

「保育ママ」は、地方自治体からの補助がありますが、チャイルドマインダーとして開業した場合は、あずかる子どもの保育料で運営していくことになります。

集客などの努力も必要になってくるでしょう。

反面、子どもをあずかる料金や時間帯などは、自分の裁量で決めることができるので、自分の生活スタイルに見合った働き方ができるかと思います。

また、自分の保育所として、自分の理想に近い保育をしていける利点もありますね。

 まとめ

「保育ママ」と「チャイルドマインダー」の仕事、いかがでしたか。

自宅で保育者として「保育所」を開業することは、それほど難しくないと感じられたかと思います。

しかし、子どもの命をあずかり、健康管理と安全面に配慮しながら、保育や教育をしていく責任は、保育園と同じかそれ以上のものがあります。

責任が重い分だけ、自分の理想の保育を形づくりながら、子どもの発達や成長を細やかに見ていくことができますから、その喜びとやりがいはより大きなものになることでしょう。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *